大切なものをたいせつに

北極海航海に2度いくほど海が好き。 疑問に思ったことは自分の目で見て感じて確かめたい、と17歳でイギリスに1年間滞在、その後、北極海研究船に2度乗船する。メーカー勤務、大学勤務の中でその場で「話の見える化」を行うグラフィックファシリテーションと出会う。ワークショップ、講演会など、これまでに300近くの現場に携わる。発達凸凹への活用を中心として、組織開発や教育現場での活用法を探求している。 https://www.tagayasulab.com/graphicfacilitation

フォーラム

研究発表【発達障害者を含む対話の場におけるグラフィックファシリテーションの活用事例】

研究発表 【発達障害者を含む対話の場におけるグラフィックファシリテーションの活用事例】 ---発表スライドはこちらhttps://www.slideshare.net/mobile/decobocofuturecenter/ss-90684886 --- 第15回情報コミュニケーション学会で奨励賞をいただきました! …

第10回つなぐ人フォーラムに参加してきました

第10回つなぐ人フォーラムに参加してきました! おいしい空気、おいしいご飯、一面の雪… 実行委員の林さんにツナギスト(活動を紹介する人)として声をかけていただいて、何が何だかわからず参加したのが2年前。 その時は、林さん以外知ってる人はいなくて、何…

交流会嫌いの人間も居心地いい。交流会3.0

約半年間、グラフィックファシリテーションで併走させてもらった活動進化プログラム、“みんなごと”のまちづくり推進事業「まちづくり・お宝バンク」。 いろんな取組の提案者が、他の取組提案者や地域のまちづくり活動の担い手が出会えるように…と、先日「交…

YORISOI 米田家 人口減少社会のまちづくり

地方創生セミナー『人口減少社会のまちづくりとYORISOI 米田家』におじゃましてきました。 今年の4月に淡路島の洲本市本町商店街 7丁目にオープンする「YORISOI米田家」がどんな場所をめざしていて、どんな場所にしたいのか、集まった参加者のみなさんと考…

第4回JIDA関西デザインフォーラム「不便益とは」

第4回JIDA関西デザインフォーラム「不便益とは」に参加してきました。 講師は京都大学デザイン学ユニットの教授 川上浩司先生 主催者の竹綱さんが、コクヨの大先輩というご縁で、グラフィックファシリテーション担当で入らせていただきました。 「不便益」っ…

CODE for JAPANに参加 〜グラフィックが台湾へ渡る〜

出会った時からお世話になりっぱなしのナミねえさんに声をかけてもらい CODE for JAPANのグラフィックレコーディングチームとして参加してきました。 よくSNSのタイムラインで流れてくる、楽しそうな活動の様子に、どんな人たちなんだろうなぁと気になってい…

シェフェスタ 食文化プログラム「はじまりの奈良」でグラフィックレコーディング

育ったまち、奈良でグラフィックレコーディングでした。 約200名の参加者 講演会の後、グラフィック名前で意見交換が自然とはじまります シェフェスタ 食文化プログラム「はじまりの奈良」。 http://nara-kokushoubun.jp/events/naf/?post=5067 一流シェフが…

障がいのある方のサポートとしてのグラフィックレコーディング

障がいのある方のサポートとしてのグラフィックレコーディング。大阪市立大空小学校の木村元校長先生の講演。ずっと温めてきた場づくり、ひとつ実現して動き出しました! わたしは自分の名前ぐらいしか手話はできません。だから聴覚障害の友人とは、私の口元…

すてきな出会いとファシグラざんまいの4日間、無事に終了

スケジュール管理の苦手なわたしにとって、 ひやひやドキドキ。 会場間違えたり 時間忘れたり 大事な模造紙置き忘れてきたり 最終日右腕が筋肉痛になっていたり 色々裏側ではやらかしていましたが(涙) 無事、ステキな方々に出会えたグラフィックざんまいの4…

教育関係者が集う!それぞれの枠を越えた対話の場。関西大学@梅田キャンパス Edcamp AZ in Osaka

教育関係者、約100人が関西大学@梅田キャンパスに。 Edcamp AZ in Osaka 関西のグラフィックチームとして参加してきました。 とても熱量の高い、深い対話の場でした! グラフィックによる対話の可視化。 美しく描くのではなく、いかに対話が深まるかへの挑戦…